Growth Record of ひかる

ひかるが到着してからの、成長や日々の記録を綴っております。ゆたか、ひかるの同腹兄妹の美宇、レイリー、ヴィヴァーチェ、今は彼岸のフラッフィー、全部で6にゃんのまったり・のんびりな日々です♡ 時々、北海道の風景写真もUPします♪

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

今日は上機嫌☆(ゆたかの独白)

ぼく最近、体がだるいしふらふらするし、ママが変なお薬を口に入れられるから、とっても頭が痛いんだ。
頭、だるくって、とっても重いカンジ。
なんだか、やたら眠いしね。

それで、ぴかちゃんが一緒にあそぼって来ても、面倒でヤだったんだもん。
でもぴかちゃん、ぼくが体調悪いのわかってくれて、ナメナメしてくれたんだ
断然、ママよりも気が利くと思わない

yutaka&hikaru 8
(ママ註:白いのは、北海道銘菓、柳月「三方六ショコラ」ではなくて、ゆたかです。リンクは柳月です)

そんなぼくたちを見て、ママも反省したみたい。
で、たくさん、頭、なでなでもみもみしてくれて、ぼく、とっても気持ち良かったんだもん
しかも、パパと「かっこい~」とかも言ってくれちゃってさ

yutaka 16
どお かっこいいでしょ

だから、ぼく今日、とっても上機嫌なんだもん
でも、もっと、おやつの量が多かったら良かったのにな
ママ、惜しかったね
スポンサーサイト

| 日常 | 19:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MRI…

先日より掛かりつけの獣医さんに、ゆたかのてんかんの検査について、相談に乗って頂いております。

昨日話した結果をまず。
検査するならCTよりMRI(CTだと、充分に脳の中を見ることができないから)、ただ、MRIの場合、麻酔時間が2時間もかかる。麻酔の副作用込みで、相当ゆたかの体に負担をかけるそう。
その上、病院まで片道2時間半のドライブ要、です。
そして原因が分かったにせよ、対処療法しか行えない可能性の方が高い、とのこと。
(検査費用も結構なものですが、ゆたかの健康には代えられない)

一応、てんかんについて、あちこちのサイトをのぞかせて頂いて勉強してるんですが、てんかんの原因は
1、外傷
2、脳腫瘍
3、脳炎
4、水頭症
5、先天的奇形
などであるとのこと。

「猫のひたい」ほどの大きさ、という慣用句がある通り、猫の脳の大きさはとても小さいので、MRIで脳を見たにせよ、わからない可能性の方もある、ということらしいです。
実際に検査をしても脳に問題はないけれど症状がでる、という方の書き込みも読みました。

ゆたかの場合、脳圧を下げる注射が効かなかったため水頭症である可能性は低い、と先生は思ってらっしゃるようです。

また、子猫の頃から、人間の顔面神経痛のような症状が体各所に頻繁に出ているので(もし、うちに来る前に外傷を負うような事故がなければ)外傷の可能性も低いように感じれられます。

先天的なものについては…
チンチラ猫は人気がある分、血統的に良くない繁殖も行われていたようで、純血種のてんかん発作、チンチラにあり得ること、とも聞きました(うわさでは、シャム、アメショーも微妙らしい)。
今のところ、てんかん発作について検索をかけても、チンチラ(すでに3件)、シャム(1件)、和猫(これがほとんど)以外を、見かけておりません…(調査不足かもしれないですが…)

もし、てんかんではなかった可能性も考え、昨日、FIPの検査のため採血しまして、結果は来週の予定。
心臓病、FIPに罹患している場合もてんかん同様の症状がでるらしく(FIPは、脳内に炎症を起こす病気なので)、心音を聞いた結果、心臓病の可能性が低いことから、まずはFIPを検査しましょうということになりました。
FIP

ちなみに、抗てんかん薬のフェノバールを飲ませてまして(ポピュラーなお薬です)それは効いています…
また、いろいろな方の書き込みから判断すると、ゆたかの発作は軽い方みたい。
発作が重い子の場合、失禁を伴ったり長時間の発作が見られたりするみたいだから(ゆたかは30秒程度、くるくる回ってるだけ。本猫の記憶・意識はなく、体は完全に硬直していますが)。

現在、私たち夫婦が検査をするしないで一番悩んでいるポイントが、脳腫瘍かどうか、という部分なんですが、脳腫瘍だったとしても切除できない可能性が高いらしく、民間薬を飲ませる(効果の程が分からない)ぐらいしか、方法がないかもしれない。
それもまた、せつな過ぎる話だよなぁ…(ブラックジャック希望)というのも、悩みの種です。

検査をして原因が分かれば、私と旦那は納得できるんでしょうが、原因が分からないかも知れない、ゆたかへの負担が著しく大きい。
一方、ゆたか、フラッフィーやひかる、実家の猫たち(といっても、亡くなったペルシャの千夜子とチンチラMIXのナナとの2匹ですが)と比較して、体力・気力が低く、心も体も弱いんですよね…

結果、今のところ、リスクの方が高いと思うので、MRI検査をしない方向で考えています。

あ、以前、コメント欄で教えて頂いたホメオパシー(レメディ)、てんかん猫の間で流行っているようですが…
DHAとかマイナスイオンみたいなものじゃないの?的な考えが私の頭から離れないとはいえ…
旦那は縋ってみるのも一つの方法だよ、というので、効果があるような書き込みも読みましたので、初めてみるかも知れないです(そんなに高価なものでもないし)。
もし、購入して効果があったら、状況をUPしますです。

| ママの独白 | 10:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |