Growth Record of ひかる

ひかるが到着してからの、成長や日々の記録を綴っております。ゆたか、ひかるの同腹兄妹の美宇、レイリー、ヴィヴァーチェ、今は彼岸のフラッフィー、全部で6にゃんのまったり・のんびりな日々です♡ 時々、北海道の風景写真もUPします♪

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3日目

3日目早朝、ぐっすり眠っているひかるを残して、トイレなどに居間に出てきたら、ほんの数分でも私を探してなきます・・・
と、ゆたかが私をガン見。
「戸、開けてやったら?」
そう言っているように見えます。

大分、落ち着いて、ごはんとトイレはばっちりとはいえ、まだまだ精神的に高ぶってる(北海道方言で、おだっちゃう、と言います)状態。
間違いなく、あちこち探索しまくり、ゆたかを追い掛け回すだろうと思います。

でも、なき声はすごく、ゆたかに「開けるよ?」といっても、フツーに横たわって、開けるのを待っている状態に見えます。

開けました
・・・予想通り・・・

でも、ゆたか、保父さんのごとく、しっかりひかるを見つめ、後をついて歩き、時々何か注意し・・・・・・
2階にまで連れていき、家中を案内してましたσ(^_^;)

とはいっても、基本的なテリトリーはひかるに用意した部屋の隠れ場所のうち、一番気に入った部屋の隅(私の洋服掛けの下)。
ペットブランケットを敷いて眠れるようにしたので、1時間程度は、そこで眠れるようになりました(最初は、10分が限度でした)。

その後は、戸を開けっ放しにしてあります。
早すぎるかなぁとは思ったんですが、保父さん(ゆたか)がいるので・・・(゚-゚;)
フラッフィーとは、まだ、ダメです。

ゆたかの愛情が届いたのか(・・・?)ひかるはゆたかが好きみたい。
特に、しっぽ(見た目、ひかるの方が小さい・・・)が、めっちゃ好きみたい。
てか、じゃらされたいみたい。

yutaka 3

ところで、ひかるくんの カワイイ(゚・゚* エピソード。
・眠いと甘噛み(すぐにダメだって覚えました)
・ゆたかの真似して、キャットタワーでの爪とぎを覚えた
・階段は一段ずつしか昇れず、降りるときは勢いつき過ぎでカーブで曲がれない(ほぼ、一段ずつ落ちてる状態・・・)
・缶ごはんをあげるとお礼を言いにくる
・お気に入りのねずみのおもちゃがあって、くわえて持ち歩く(写真、撮れなかった・・・。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。)
・お気に入りのおもちゃは自分の隠れ家に連れて行くので、ブランケットの上に、何個かおもちゃが転がっている

この晩、ゆたかがキレました。
ひかるが、あまりにも元気にじゃれついてくるので、「ぼくの方がお兄ちゃんだもん」となってしまったみたい。
猫同士のことなので、私も旦那も、極力、手を出さないようにしましたが、なんと、喉にかみついてしまって・・・
ひかるは、ぽかーん、としてました、もちろん、無傷です。
でも、怒りながらなくゆたかの声が悲痛で、心が痛くなるぐらい。
乗り越えたら、絶対、仲良くなれるからね。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

あと、あまりも激しく暴れる(睡眠不足かも・・・親兄弟から離れた寂しさ、知らない匂いのおうち、不安で不安で眠れないようです)ので、旦那から「ライオンの子供みたい・・・(薄茶だし)」と言われてました(;^_^

その夜、旦那に寄り添って眠るひかる

hikaru 4

すごい足だ・・・

| 日常 | 05:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2日目

昼近くまで、私もひかるも、一緒に眠りまして。
起きたひかる、今度は、旦那に散々じゃらしてもらいます。

hikaru 2

でも、水飲んでない、トイレ行ってないのが、一番心配でした・・・

昼ごはん食べて、また遊ばせて、ようやく、水を口にしカリカリ食べて。
でも、出すもの出してないので、おなか、パンパン(-へ-|||)
で、16時ごろ、ようやく大量のおしっこと、大きなう○ちをしてくれました・・・ヽ(^◇^*)/
もちろん、用意しといたトイレに、です、ばっちりです(*^-^)

今度は旦那が抱っこして眠らせ、起きて、また遊ばせて。
ただ、私や旦那がいないと、ものすごく不安になるようで、ずっとなき続けます・・・
外の音、家の生活音、全部に反応し、立ち上がった人間まで怖がり・・・・・・

なので、夜ごはん食べる以外は、ずっと、(座った)私と旦那のどちらかがひかるに付いている、という状態にしました。
一番嬉しかったのは、撫でるとゴロゴロ&前足ふみふみが出るようになったことですo(*^▽^*)o

あと、部屋の奥や自分が入ってたキャリーなど、自分の隠れ場所を3箇所ほど用意していました。
驚くと、隠れ場所に飛んでいく、そういう状態です。

| 日常 | 03:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

到着初日

17時20分ごろ、新千歳空港貨物ターミナルに到着
獣医さんに行ったときのゆたかみたく、体がガッチガチに固まってました・・・
ご挨拶になでようとすると、ビクッとして、ますます固まって、目は恐怖で見開いた状態(TmT)

hikaru 3

新千歳から我が家まで高速で約2時間、車の後部座席って、そんなに乗る経験がないのですが、けっこう、揺れるし音もすごいもんですね・・・
ときどき声かけると、同じ姿勢のまま、目を瞑ったり開けたりしている・・・
もー、家に到着するまでが長かったです(-"-;A

で、到着したはいいのですが、キャリーから出てこないんですよ・・・
30分ぐらい、やさし~く声かけて、ようやく猫じゃらしでおびきだすことができました。
出てきてすぐ、缶ごはん、あげて。
ものっすごい勢いで、食べてくれました(゚ーÅ)

これで一安心、でも、まだ腰が引けてます(怖かったみたい)。
でも、撫でさせてくれるようになりました(*^.^*)
撫でられていると、眠くなるみたい。
でも、手を離すと、鳴き出します・・・

やっと、完全に眠ってくれたのが10時過ぎ、人間のごはんはそれから。

ここまでのフラッフィーとゆたかの様子ですが、ひかるの存在にはばっちり気づいてる、気になる、見た~いってなカンジに見えました。
準備期間が長かった分、2にゃんも、来ること、わかってたんでしょう、と思います。
新入りの弟に対し、どちらかというと好意的な雰囲気でした(警戒はしてたケド)。

丸一日、外出したせいで寂しがってる2にゃんのご機嫌を取り、疲れからぼーっとしていた矢先の午前1時、ひかる、ないてないてないてないて(-_-;
様子見に行って、猫じゃらしで遊ばせたら、もうもう、絶好調ですよ。
跳ぶ跳ぶ、はねるはねる
引けてた腰も元通り、でも、今度は、フラッフィーとゆたかが、ひかるのために閉めきった部屋の戸を「開けろ開けろ」と大騒ぎしてます(´ヘ`;)

仕方ないので、ほんの少し、引き戸をあける(人間でも重い引き戸です)と隙間から、無理くり、フラッフィーが入ってきちゃった
フラッフィーはご挨拶にいったのに、ひかるは恐怖明けの超・超ハイテンション、思わず、「遊ぼ」と手を出してしまったので、フラッフィー、怒っちゃった(゚-゚;)
それを見て、ゆたかはひかるに近づかなくなっちゃうし・・・

午前3時、さすがに疲れて、ひかるがなくのを聞こえるよう、さっきよりも細く引き戸を開けて居間にいたら、フラッフィーの真似して、ひかる、出てきちゃった(@Д@;
ちなみに、この出方ですが、顔を横にして耳をふせて、無理やり隙間をくぐる、という方法・・・・・・

ちょっとだけ探索させ、ひかるの部屋に戻って、抱っこして撫でて。
やさし~く、声かけて、ようやく、眠ってくれました(*^-^;
私も一緒に、ソファでぐっすり寝ました。

| 日常 | 03:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひかるが我が家に来るまで

今、ひかるくんは、私のおひざで眠ってます…(*´ェ`*)

さて、ひかるが我が家に来たのは、8月21日の19時30分ごろ。
まだ、たった丸3日しか経ってません。

トンキを飼おうと旦那と決定したのが6月の末。
その前に、お悩み期間が1ヶ月ほどあり。
そもそも、トンキという猫種を飼いたいと思い続けて17年・・・(;^_^A

で、安値に挑戦!的なペットショップに問い合わせをかけてみたんですが、もう、売れちゃったって言われ・・・
調べても調べても、適正譲渡費用がわからないんですよo(´^`)o
下は5万から上は30万。今でも不思議です。

ちょうど良い機会と思ったので、本当にいろいろと検索かけました。

縁があって、良いブリーダーさんとめぐり合うことができたんですが、私好みのプラチナミンクの男の子、もう決まっちゃった、と言われまして(;д;)
でも、その後に生まれた兄弟がいて、その中から一番最初に選ばせてあげるよ~と言って頂いたので、そのまま、その兄弟たちの成長を待つことにしました。

ブリーダーさんに申し訳ないことに、トンキという以外のこだわりがなくって、男にするか女にするか、毛色はどうするかもギリギリまで決められず・・・・・・
その上、一度決めた子を変更するまで、してしまいましたヾ(_ _*)
まぁ、私たちだけが悪かったわけでもないんですが(男の子と言われてたのに、実は女の子だったという・・・滅多にないとはいえ、どうしても見分けずらい子がいるみたい)・・・
本当に良いブリーダーさんで、助かりました。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

結局、頂いた画像をフラッフィーにもゆたかにも見せまして、反応を見、フラッフィーが女の子イヤー(`Д´)と過反応するので、男の子、それも、ゆたかの気に入った方、ということになりましたのです。
女vs女より、去勢済みの男vs男の方が、なんだか、うまくいきそうだしヘ(・_・ヘ)

この時点で、まだ小さいので、空輸無理とのこと(8月の始めでした)。

決まってから待ってる間が、ほんとーに長かったです・・・

☆追記☆
ひかると一緒に暮らして1年半、少しずつ、調べに調べ、なんとなく、理由が判ってきました…
下の価格のにゃんこは、”訳アリ”(場合によっては、MIXかも…)、中ぐらいの価格は、”ペットタイプ”、高い場合”ブリードorショータイプ”

ですが、月齢によって価格が変わったり、中間業者(オークションやショップ)のマージンで高くなったりもしております。
特に下の価格帯の場合、遺伝的・性格的な問題を抱えていたり、見た目が著しくスタンダードと違っていたり、病気を持っていたり、中には、金儲けのため、遺伝情報も調べず、ただ、増やしまくっただけの子である可能性もあるので(パピーミル)、手を出さないのが無難と思います。

何よりも、信頼のおけるブリーダーさんと出会い、ブリーダーさんのお人柄だけじゃなく、子猫の雰囲気(毛がピカピカ綺麗、清潔で満ち足りた顔してる、とっても健康そう、清潔なカンジなど)も見て(可能なら、ブリーダーさん宅を訪問して生育環境も見せて頂いて)、総合判断するのが、一番!と思います。

なお、スタンダードについては、日本のショーや本を鵜呑みのせず、アメリカのCFA、TICAのサイトを訪れてみた方が良いと思います(特に、日本の雑誌は危険です。誤った情報も、当たり前のように載ってますから…)。

私はたまたま、本当に幸運で、良いブリーダーさんと縁があり、性格も見た目も綺麗な子と暮らせてますが…
(2012.4.16)

| 今までのこと | 01:45 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ママの猫好きとトンキニーズ

○なんで猫が3匹も?

う~ん、私が猫バカだから?Σ(|||▽||| )

もともと、小学生の頃から猫が大好きで、親に何度もねだりましたが、犬がいる、鳥(インコ)がいるのを理由に、絶対にダメ言われ、泣く泣くあきらめてました。

私が実家を離れ、都会で住むようになってから、親、鳥がいるにも関わらず、猫、飼っちゃったんですよ
拾った?家に住みついちゃった?そういうやむを得ない状況だったみたいですが、私は心から怒りましたね、あれほど、ダメ言ってたくせに(`ヘ´)

で、私も勝手にしようと思いまして
たまたま、大学時代、面倒みてた野良ちゃんが子供産みまして(子供を私に残して失踪)、残されたうち、一番、体が小さくて気がキツイ子を残しました。
それが、フラッフィーです(=^・^=)

その後、いろいろあって、今までの人生で一番辛かった時、子供の頃からの夢をかなえてみようかな、と思ったんです。
子供の頃からの夢、それは、チンチラシルバーを飼う、でして(*^.^*)
それが、ゆたかです。

今回も、本当にいろいろ思うところがありまして、トンキニーズのひかるくんと暮らすことにしました。
一番の理由は、フラッフィーも16歳(眠る時間が長い以外の老衰症状はないです)、まだ5年は大丈夫そうですけれど、ゆたかも、もう7歳、体も強くない、一緒に走り回って遊ぶ子猫を迎えるには、今が限界、と思いまして…

○なんでトンキニーズ?

旦那の好みと私の好みの一致したにゃんが、トンキでした('-'*)
あと、ちょっと、長毛との戦いに疲れた、というのもあるです・・・

18年前からトンキを飼いたかったので(私の短毛猫種の好みでは、トンキが一番美しいのですの)、今、と~ても幸せです(^ー^* )

| 今までのこと | 01:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。