Growth Record of ひかる

ひかるが到着してからの、成長や日々の記録を綴っております。ゆたか、ひかるの同腹兄妹の美宇、レイリー、ヴィヴァーチェ、今は彼岸のフラッフィー、全部で6にゃんのまったり・のんびりな日々です♡ 時々、北海道の風景写真もUPします♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

天売島の猫問題~野良猫の話(拡散希望です!)

毎日、気温が30度まで上がるため、ゆたかもレイリーも、お昼寝の時間が増えました(゚ー゚;

「ゆたお兄ちゃん、涼しいところ、たくさん知ってるんだよ
rayleigh 273

「水のんで、毛皮ぬらしちゃった~
yutaka 460
今週中に、シャワーも、入ろうか…Ψ(`∀´)Ψ

さて、天売島の猫問題の続きです。

’90年代に入り、野良猫たちが海鳥の繁殖の邪魔し、捕食していることが分かり、猫たちの繁殖を制限するために、さまざまな取り組みが行われましたが(TNRや電気柵の設置など)、猫たちは減りません…
TNRがうまくいかなかった理由は、捕まえることが出来た猫と、捕まえることが出来なかった猫がおり、捕まえることができなかった未避妊・未去勢の猫たちが一因だったとのこと……

昔、たくさんのウミネコたちが繁殖していた谷があり、そこから見える観音岬の風景
teuri 15
野良猫がウミネコを襲うせいで、今は、1羽も姿をみかけません…

天売島の海鳥繁殖地は国の天然記念物であり、国指定天売島鳥獣保護区(集団繁殖地)にも指定されております。
海鳥たちを守らなければならない場所です(ウミガラスやウミスズメなどは、絶滅危惧種です…)。
増えた野良猫によって、島民の皆様にも被害があるそうな…(ノ_・。)
野良猫の駆除についても話し合われたそうですが、それでは、あまりにも猫が可哀想過ぎる…

島内にいた猫
teuri 11
丸顔の可愛い仔でしたよ~

というわけで、現在、羽幌町と環境省が連携し、北海道、北海道獣医師会、NPO法人などが協力し、猫たちを北海道内に運び、飼い主さんを探す活動が行われております
天売島のネコ問題のサイト

天売島は自然が厳しく、冬場は極寒で、猫たちが生きるには、辛すぎる場所でもあります…
人と暮らす訓練中の猫ちゃんたち、見せて頂いたんですが、シュッとしたイケニャンからラブリーな丸顔ちゃんまで、可愛いにゃんたちがたくさんおりましたです

また、預かり場所が限られ(道内の各所にて協力中らしいですが)、猫たちを保護できる場所がないため、一時預かりをして下さるボランティアさんも募集中らしいです
teuri 12
海鳥センターに貼られていたポスターです。

ぜひ我が家で引き取りたい!と思うにゃんもいたんですが、フラッフィーのお世話でいっぱいいっぱいのため、現実的には無理でして…TmT

なので我が家は、せめて、支援ボランティアをさせて頂こうと思っているのですが、極寒の中、自動販売機で暖を取るような(天売島の人から教えてもらいました…)可哀想な野良猫たちのため、何か、協力をしてみませんか
拡散してくださるだけでも、ありがたいとのことです(*_ _)人

最後に、頂いたパンフレットをスキャンしたものをUPします。
panf 5
panf 4
panf 3
panf 2
panf 1
(クリックすると、大きくなります)

野良猫を島外に運び出す活動をしてから、いなくなったウミネコが、本当に少しですが、飛来してきているそうな
島民も海鳥も猫も、みんなが幸せになりますように、本当に心から、祈っております…

今月中に、また海鳥センターにお邪魔する予定ですので、訓練中の猫ちゃんたちの写真が撮れましたら、またUPしますね~

☆おまけ☆
天売島、お隣の焼尻島
teuri 13
焼尻島の向こうに、北海道が見えます。

焼尻島で見かけた、ウミウ
teuri 14

羽幌町内の街灯
haboro 7

終わりかけだったんですが、とっても綺麗だったバラ♪
haboro 8



いつも応援、本当にありがとうございます(*_ _)人
ぽちっ&拍手、とっても励みになっております(*^^*)
現在、不定期更新で、本当にごめんなさい…>_<;
スポンサーサイト

| 特集 | 08:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天売島の猫問題~天売島と海鳥たち

またまた、ご無沙汰をしてしまいました<(__)>

体調を崩していたのもあったのですが、実家の用事が立て続けにあり、なかなか、落ち着いてPCにむかえませんでした。
一昨日、亡父の命日だったのですが、その準備&お盆の準備に焦った母が、駐車場で物損事故起こしちゃいまして(車vs自転車で、母は自転車側です)…(-"-;

フ 「おばあちゃん、アワアワ・ショボショボして、大変だったみたい
み 「ママもアワアワしてたの~
fluffy&miu 278

ひ 「おつかれさま~ ぼくのお腹で、ぽにぽにしていいよ
hikaru 638
ありがたく、ぽにぽにさせてもらいました(*´∇`*)

あと、フラッフィーの調子ですが、本日の通院の結果、体重2.02kgに落ちており…
ひかるもくっつくし、暑そうだなぁ…と思ってブラッシングを多めにしたのも、数日、抗生剤のお薬を切らしてしまったのも、私が忙しかったのも、全部、ダメだったみたい…○| ̄|_
fluffy&hikaru 43

数日前からブラッシングを止め、一応、食欲は戻りつつあります…(ノ_-。
食欲がない間も、一応、カリカリ食べれているし、走ったりも出来てますので、秋に向けて、気をつけて復調させてあげたいと思っております。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、天売島のことを書こうと思います。
天売島、羽幌町からフェリーで1時間半ほどで行ける、面積5.50km2、周囲約12㎞ほどの、小さな離島です。

羽幌町というと海鮮丼!甘エビなどが美味しい町(*^-^
haboro 5
北のにしん屋さんの海鮮丼

バラ園もあります
haboro 6

天売島というと、ウニが美味しいところでして…
teuri 1

天売島で生ウニを買ってきて、自分でさばいてみました
ウニが食べている最中だった昆布の切れ端が、たくさん入ってました。
天売島と、昆布で有名な利尻島まで60kmぐらい、天売島から利尻富士が見えました*^^*

私、天売島の大ファンなのですが、海が、本っ当に美しいんですよ~
teuri 2

天売島に興味をもったきっかけは、数年前、羽幌町のバラ園へ行ったとき、横にある海鳥センターに気付きお邪魔し、天売島が、羽幌町のシンボルとなっている”オロロン鳥”(ウミガラス)の国内唯一の繁殖地であり、そのウミガラスが、絶滅の危機に瀕していると知ったことでした。
海鳥センター (海鳥センターのサイトです)

ウミガラスについては、上記サイトにて、詳細な報告書を見せて頂くことができますが、一時期ゼロまで減った天売島での繁殖も、昨年は飛来数・つがい数・巣立ち数がMAXとなり、今年も順調に巣立っているとのこと

天売島の港。真ん中あたりに、巨大なウミガラスの像があります(*^-^)
teuri 10

今年、目視できたウミガラス
teuri 3
滅多に目視、出来ないそうです、超ラッキーでした

ウミガラスとケイマフリ?
teuri 4
なお、ケイマフリについても、国内最大の繁殖地だそうです。

たくさんのケイマフリ
teuri 8
目のまわりが白く、足が赤く、とても可愛らしい鳥さんです

赤岩展望台から撮影したものなんですが、最大ズームにしても、これが撮影の限界でした(・・;)
teuri 9
真ん中の奇岩が赤岩です。
昭和初期には、この赤岩にビッシリ、ウミガラスが止まっていたそうです…(海鳥センターにて、パネルを見ることが出来ます)

ウミガラス減少には、さまざまな要因があったそうでして、漁網による混獲、エサの減少、観光客が驚かせた、ハシブトガラスやオオセグロカモメなどの捕食者の増加などが一因と考えられているそう。

写真小さくて見づらいですが、たくさんのカモメらしき鳥が止まってます。
teuri 6

ウミガラス繁殖地(赤岩周辺)で見つけたハシブトガラス
teuri 7

また、ウトウについては、世界最大規模の繁殖地があり…(60万羽以上らしいです)

ウトウの巣
teuri 5
巣だけでも、圧巻でした!
5月中旬から7月初旬あたりまでの帰巣の様子は素晴らしく、感動的な光景とのこと

こんな海鳥たちの楽園に、ペットだった猫が野良猫化し、海鳥たちを襲うようになってしまったそうな…

次記事から、天売島の猫たちの話を書きます(*_ _)人


いつも応援、本当にありがとうございます(*_ _)人
ぽちっ&拍手、とっても励みになっております(*^^*)
現在、不定期更新で、本当にごめんなさい…>_<;

| 特集 | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レイリー到着から、5ヶ月ちょっと♪

この変な天候、ホント、いったい、なんなんでしょうね?
昨日、私の住む地域で、”竜巻警報”ΣΣ( ̄◇ ̄;)!が発令されてました…
実際に酷かったのは落雷だけだったんですが、美宇が怯えておりました…

「ドダダダーンって、すっごい音なんだよ~
miu 434
俺が守ってやる!と、男気マンマンの旦那でございます(^▽^;)

さて、レイリーが我が家に到着してから、5ヶ月ちょっと経過しました(*^-^)
レイリーくん、どんなにゃんかと言いますと…

まず、姫にゃんたちが苦手らしい…

居心地悪そうな美宇の図…ではなく、
hikaru&miu&rayleigh 8
写真がボケただけです(^▽^;)

美宇ちゃんの、普段の様子と遊ぶときの激しさとのギャップが、どうにも苦手なようです;^_^
ちゃんとお鼻挨拶してますし、一緒に遊んだりしてるんですケドね。
フラッフィーとは、お互い、興味関心、まったくナシ!な様子です…σ(^_^;)

もちろん、やんちゃくんです。

「上っちゃえ~
ray 86
この後、降りられなくなってました(゚ー゚;

おっさん座りも得意です。

「お兄ちゃんほど、上手にできないケド
ray 89
………(・・;)

ついでに、おなかはフサフサです。

レ「このクッション、ママと共用なの
hikaru&rayleigh 18
別名”まくら”、ですわね…(゚ー゚;

ちなみに、大好きな旧タワーは、私の仕事机のすぐそばにあります。

いっぱい、はみだしてます。
「ここ、ちょっと狭いと思う…
ray 87
リーたん、大きくなったもんね~♪

「ママを、見守ってあげてるんだよ
ray 88
撫で放題で、癒されます(*^^*)

すっかり、もうずーっと一緒にいたような気がする、我が家になくてはならない存在になってくれました。
体は一番大きいけど(ゆたかを超えました!)、一番、甘えんぼでピュアな、可愛い可愛いレイリーです(*´∇`*)

「可愛いって
ray 90
とっても素直でもあります(*´∇`*)

☆おまけ☆

「ぼくは…?」
yutaka 326
もちろん、可愛いよ~♪


いつも応援、本当にありがとうございます(*_ _)人
ぽちっ&拍手、とっても励みになっております。
現在、多忙につき、コメント欄は閉じさせてくださいm(_ _)m もしご連絡ありましたら、メール頂けたらご返信いたします。


ランキング参加中です♪
にほんブログ村 猫ブログへ

| 特集 | 20:31 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美宇到着から、約1年♪

三連休も終わりですね~
我が家は相変わらず、のーんびり、まーったり過ごしました。

去年は…
美宇到着まであとちょっとと、毎日ワクワク過ごしておりましたです(*^-^)

去年の1月15日、美宇は北海道へ上陸しました、飛行機に乗って…
千歳空港の駐車場にて(11年1月15日の写真)
miu 2
私のかっわいー♪と思わず出た言葉に、少しだけ気分が良くなってくれたらしいカンジ…

この日、行きは、きれいなきれいな青空と照りつける太陽、帰りは、泣きが入るぐらいの猛吹雪…(もちろん、高速も通行止め…(-"-; 列車もやばかったらしいです…)

大変な旅を乗り越え、美宇ちゃんは無事、我が家に到着しました。

完全に警戒してテンパってる様子…(11年1月16日の写真)
miu 4

「私、おりません」の様子(11年1月17日の写真)
miu 6

警戒を解き、ご飯とトイレができるようになったのは、なんと、このにゃんこの力でした!(11年1月16日の写真)
yutaka&miu 1

そうして、1週間、2階で一人で過ごし、みんなの生活スペースである1階へ。
最初は、ひかるが怒って怒って、本当にどうなることやら…だったんですが、1階へ降りた数日後には、もう、こんなカンジに2にゃんでくつろいでおりました(*^^*)
(11年1月24日の写真)
hikaru&miu 222
やっぱり、同じ両親、同じ日に生まれた同腹兄妹だから、なじみが早かったのかな?

「そうかもね~」(昨日の写真)
hikaru 418
なんだか、眠そうだけれど…?

2月初めには、体をくっつけて眠るようになり…(11年2月6日の写真)
hikaru&miu 15

2月の半ばには、だんごで眠るようになりました(*´∇`*)
(11年2月21日の写真)
hikaru&miu 24

美宇は、パパとラブラブになり、フラッフィーとも普通、ゆたかにはときどき怒られつつも仲良し…
でも、私が怖かったらしく;^_^
甘えだしたら、30分は抱っこされて、たくさんゴロゴロ・モミモミしてくれるんですが、そこまでに時間がかかるのです、ビクッてするの(・・;)

「変なこといっぱいするから、怖いんだもん
(11年7月19日の写真)
miu 329
変なこと=お風呂に入れた(飛んではねて、私のお酒をかぶっちゃったため)、爪を切った、目やにをとった、だって…(´゚'ω゚`)

7月のある日、何かのタイミングで、「美宇がうちにいてくれて、本当に良かった~」と言ったことがあったんですが、それから劇的に、美宇ちゃん、くつろぐようになりました!
(11年7月26日の写真)
miu 91

(11年9月29日の写真)
miu 190

フ・ゆ「美宇ちゃんのことは、分かったけど… おやつ、まだ?」(12年1月7日の写真 先日のおやつ・くれくれプレッシャー時の、シニア2にゃんバージョンでございます)
fluffy&yutaka 2
まだ、おやつの時間には、早いと思うよ~

9月の三種混合ワクチンも、ひかると一緒にがんばってこなし、ゆたかとも、こんなカンジに過ごせるようになり…
(11年9月27日の写真)
miu 175

でもまだ、やっぱり、私が抱っこしたら、こんなカンジ(・・;)
(11年10月28日の写真)
miu 231

最近は、こんなカンジになりましたがね…(^▽^)v
miu 330
12月あたりから、ママ、一緒に寝よう、遊ぼう、抱っこ~と頻繁にやってきてくれるようになりました(*^^*)

心配していたフラッフィーとも、去年の2月の初めからこんなカンジ。
(11年2月11日の写真)
fluffy&miu 1
繊細でものすごい怖がりだけれど、とてもピュアで優しい子だから、すぐにお姉ちゃん・お兄ちゃんとも、馴染んでくれました(*´∇`*)

寒くなってからは、たいてい、ここかここにおりまして…
miu 331
miu 332

ご飯や遊びたいとき、甘えたいときには人間のそばにやってきます、天真爛漫に、自分のペースで生活してくれていると思います。

生後9ヶ月8ヶ月(やってもうた…(((゚Д゚))))、こんな大きくなった子のお迎えは初めて、人間も不安やいろいろ、たくさんありましたけれど、美宇自身の方が、本当にとっても大変だったろうなぁと思います…

今年は、平穏に穏やかに、仲良く暮らしていこうね!
「うん たくさん、遊んでね
miu 333


いつも応援、本当にありがとうございます(*_ _)人
ぽちっ&拍手、とっても励みになっております。


ランキング参加中です♪
にほんブログ村 猫ブログへ

| 特集 | 17:55 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆたかの話

さて、本日の主役。

「やっとだよ…」
yutaka 169
実は、我が家で、一番事件が多い子、ゆたかだったりして…;^_^

ゆたかは、私がまだ埼玉にいるとき、インターネットの掲示板を通じて出会い、メールでブリーダーさんとやり取りして譲り受けました。
今でも、某駅での初顔合わせのときの、ゆたかを覚えてます…
(そのブリーダーさんとは、受け渡し直後から、連絡が取れなくなりました)

いつも登場している青いキャリーの半分ぐらいの大きさ、その奥で縮こまり、キャリーが揺れるぐらい震えてました。
お互いの目が合った瞬間、ピピピッと電撃が走ったカンジがしました、ゆたかの震えもピタリと止まり…

今年10月25日の写真
yutaka 170
今はもう、狭いぐらい!?

生後4ヶ月弱のゆたか、到着時から、びっくりするぐらい良い子でした。

初顔合わせの際、丸くなってシャーシャー本気で怒ってるフラッフィーに懸命に語りかけ、3日後には、お互いの存在を認め合えるようになり…
おもちゃも、遊び終わったら、ちゃんと自分で片付けるんです、人間の上に乗らない、お布団の上に乗らない、テーブルの上に乗らない、上げたご飯は残さず食べる、人間の食べ物に近づかない、粗相は未だかつてなし。

2003年10月の写真、再UP
yutaka 171

ひかる&美宇は、はじめ、楽しかった生家(ゆづっママさんのブログ)が恋しそうでしたが、ゆたかは、まったくそんなそぶりを見せませんでした、ずいぶん、厳しく躾けられたんだ、そう思い、ひたすら、甘やかし…

事情があって、その年、私、帰郷することになり。

実は、帰郷前、私の父から、独身女に猫2匹は多すぎる!(縁遠くなると心配してくれまして)、ゆたかを手放すように言われてたんです。
もちろん、私は断固反対、ゆっくり説得しようとそのまま実家に連れていったところ、苦虫噛み潰したような父の顔、ゆたかのお顔をみた途端、呆然となっちゃいまして…(あんまり可愛くて、驚いたみたい(゚ー゚;)

2005年1月の写真の再UP
yutaka 172

父も母も、ベタベタに可愛がってくれましたです。
5年前、父、亡くなる直前、病室で、”ゆたかに会いたい…”と言ってくれました、今でも、そのときの光景が、脳裏に浮かびます…

2006年3月の写真
yutaka 175

本格的に”内弁慶の甘えっ子”の本領発揮しだしたのは、旦那と結婚して、この家に引っ越してから。

結婚前から、私だけのときには、私のおひざやお布団の上に乗れるようになっていたんですが、旦那も、ものすごく気を遣って甘やかしたんでしょうねぇ、”人間って、みんな、ぼくのこと、だーい好きなんだ!”と思ったのかどうか(゚ー゚;、好き放題に振舞っても大丈夫なんだ!と思ったのかどうか(゚ー゚;、いつの間にか、遠慮せず、たくさん文句を言うようになりましたです(-。-;)

屋根裏にもぐって私にがっつり叱られ、車庫から地面を掘って脱出(隣の家の車庫、20cmぐらい隙間があったんですが、そこに隠れてました)、ドア、開けろ~!と文句言いまくって、おやつ、ちょーだい!!となきわめき…

屋根裏にもぐり込み、真っ黒になったため、お風呂に入れられたよ~の図
2008年6月の写真、再UP
yutaka 173

一昨年、またもや脱走、18時間後に発見、という事件もありました(゚ー゚;
近所のおうちの軒下に隠れて出られなくなっているところを(野良猫&人間などが怖くて…)、お隣の柴犬くんに発見してもらったんです(-"-;

その後も、玄関扉の向こうの野良猫くんたちに話しかけ、何度も何度も脱走を計画するため(うちがイヤなのではなく、ヒマで淋しそうでした。フラッフィーは、眠ってること、多いし)、お友達を作ってあげようと思って、ひかるのお迎えを決めたのが、昨年7月。

去年9月20日の写真、再UP
yutaka&hikaru 5

その夏、ゆたか、ひかるが到着する前から、夏バテや毛球症で苦しんでました、そこにひかるが到着して、気を遣い過ぎてしまったのか…
去年9月29日、てんかんの大発作を起こし…
その時の記事

通院を続け、小発作も減り、ひかるもゆたかを気遣えるようになり(ひかるの方が、器、大きくって;^_^)、美宇が到着した頃には、すっかり、お兄ちゃん風を吹かせまくっておりましたです。

美宇との初顔合わせ、再UP
yutaka&miu 1
その日の記事

今年の夏は、お薬が良いのでしょう、そして、クーラーがあって、仲間もいて、楽しいせいか、いつになく体調が良く、現在は、内弁慶の甘えっ子に、偉いお兄ちゃんまでプラスされ、絶好調でございます(^▽^;)
 
「両方とも、ぼくのだもんね~!」
yutaka 176

ゆたかデラックス☆
yutaka 177

昨夜も、私のそばで眠り、甘えんぼ満開でした(*^-^)
てんかん、てんかん薬の副作用(腎臓&肝臓…)、毛球症、いろいろ不安は尽きないですが、いついつまでも、わがままな甘えんぼでいてほしい、ずっと一緒にいてほしい、心から願っています…

「ぼくも、お兄ちゃん、大好き~♪」
hikaru 324


いつもありがとうございます(*_ _)人
ぽちっ&拍手、とっても励みになっております。


ランキング参加中です♪
にほんブログ村 猫ブログへ

| 特集 | 22:49 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT